大手ピアノ教室と、個人運営教室の違い

一般に大手ピアノ教室というと「カワイ音楽教室」と、「ヤマハ音楽教室」になりますが、横須賀市内には「ヤマハ音楽振興会 直営音楽センター」のような直営店がなく特約楽器店が中心です。
(参考)横須賀市内の大手ピアノ教室 
「カワイ音楽教室(衣笠、汐入、平成、久里浜)」
「ヤマハ音楽教室・(株)オクターヴ(横須賀中央、衣笠、久里浜、根岸)」
「ヤマハ音楽教室・(株)フレンド楽器(追浜、久里浜、武山)」


個人運営教室は、一般に大手ピアノ教室で経験をつんだ講師が自宅もしくは教室を借りて運営しているのが一般的です。教室を構えずに、出張レッスンのみをされている方もいます。
(参考)横須賀市内の個人運営教室
粟田のピアノ教室 「瀧川ピアノ教室・横須賀校」
三春町のピアノ教室 「ミュージックサロン♪cantabile♪」、「大橋香絵ピアノ教室」「かのんぴあの教室」
南葉山のピアノ教室 「あみピアノ教室」
久里浜のピアノ教室 「音のアトリエ・YUKI」
岩戸のピアノ教室 「PIANO@YOKOSUKA」

今回は、大手ピアノ教室と個人運営ピアノ教室のそれぞれのメリットについて解説します。


個人運営教室の多くは、大手ピアノ教室と比較して4つのメリットがあります。
 「授業料が安い」
 「年間の授業数が多い」
 「出張レッスン・生徒さんの都合による振り替えが可能」
 「講師が固定」


それに対し、大手ピアノ教室には次の2つのメリットがあります。
 「安定した指導力」
 「時間割の変更が容易」

 

この6点について順番に解説します。

 

1 個人運営教室は、授業料が安い
 カワイ音楽教室(個人レッスン)の場合、「年40回(30分/回) 入会金:¥5,400 授業料:¥7,560/月 管理費:¥540~1,460/月」が標準です。
 ヤマハ音楽教室(個人レッスン)「年40回(30分/回) 入会金:¥7,560 授業料:¥6,480/月 管理費:¥1,080/月」が標準です。
 大手楽器店の場合「看板」を掲げる都合上自由に授業料を設定できませんが、個人運営教室の場合大手ピアノ教室を横目に設定できるため多くの教室が月謝を安く設定しています。


 瀧川ピアノ教室・横須賀校も、常に大手ピアノ教室よりも安めに設定しています。
● 入会金、管理費 なし
● 初級(30分×4回/月) 1.初めて~バイエル64番程度 月謝6500円

● 中級(30分×4回/月) 1.バイエル65番~ブルグミュラー程度 月謝7000円
                 2.ソナチネ、ツェルニー100番程度 月謝7500円
●上級(40分×4回/月) ソナタ以上 月謝8500円~ 


 

2 年間の授業数が多い
大手ピアノ教室は「年40回(3回/月+4回)」が標準ですが、個人運営教室の多くは「月4回(GW・夏季・年末年始を除く) 年44回」を標準にしているところが多いです。
授業料は比較の要素になりませんが、ピアノ上達のため月のレッスン数が多いのは非常に重要です。

瀧川ピアノ教室・横須賀校は、大手より5回多い「年45回以上」を基本としています。


 

3 生徒さんの都合による振り替えが可能
 大手ピアノ教室は「3回/月」が標準のため、運動会や修学旅行などでお休みする場合などあらかじめ連絡を入れれば月1回は調整可能ですが、急な発熱や親戚の葬儀等によりお休みした場合、振り替えがないのが基本です(多くの教室は入会申込書に記載されていますので確認してください)
 個人教室の場合は、可能な限り生徒さんの都合に合わせて振り替えにより対応をうたっています。

瀧川ピアノ教室・横須賀校は、「年45回以上」を基本として振り替え授業を行っています。
ただし、生徒さんの要望(土日限定、平日8時以降限定等)によっては対応できない場合もあります。


 

4 講師が固定
 大手ピアノ教室の場合、講師の結婚、出産、配偶者の転勤等様々な理由により講師が変更になることがありますが、個人運営教室は教室が閉鎖にならない限り同じ講師です。

瀧川ピアノ教室では1教室・1講師の制度を取っているため、瀧川ピアノ教室・横須賀校が廃校にならない限り講師は固定です。

 

 

5 安定した指導力
 大手ピアノ教室はピアノ講師の「試験合格者」が採用されているため、指導力にあまりばらつきがありません。たとえばヤマハ音楽教室の場合、独自に「ヤマハ音楽音楽能力検定」を定め、5級以上を「指導グレード」として、講師の能力を保証しています。指導方法もマニュアル化されているため、転勤に伴って教室が移動になっても指導方法が変わらないのは大手ピアノ教室のメリットです。

 瀧川ピアノ教室に在籍する講師は、全員ヤマハ音楽音楽能力検定 指導グレード3級、稲盛メソッド ポピュラーピアノ指導グレード5級以上の資格を有しています。

 

6 時間割の変更が容易
 小学校入学にあわせて時間割を変更したい、中学に入って部活があるので平日から土日に変更したい等、4月は授業割の変更時期です。大手ピアノ教室の場合、教室が複数保有しているため、講師の変更が伴うこともありますが時間割の変更が容易です。個人運営教室の場合、多くの教室が1教室ですので土日や平日の8時以降等人気が高い時間帯ですと要望に応じられないことがあります。

 瀧川ピアノ教室では、3月末に時間割の変更について調査し、全員が希望時間帯で授業できるよう調整しています。

 

 

以上6点が大手ピアノ教室と、個人運営教室の違いですので、教室選びの参考にしてください。